「六尺締めようかな・・」